喜ばれる引き出物を選ぶポイントを徹底解説!

贈り物を選ぶポイント

喜ばれる贈り物の傾向とは

風呂敷

結婚式を行う際に用意するのが引き出物です。引き出物は、結婚式や披露宴を行った際に招待客からいただくご祝儀に対するお礼として配られる品物のことです。引き出物の品をどのようなものにするかは特に決まったルールはないので、結婚するカップルが招待客に贈りたい品を選ぶことになります。土地柄によっては多くのの引き出物を準備するところもありますが、最近の傾向は持ち帰るのが大変なかさばる引き出物ではなく、軽量でコンパクトな引き出物が喜ばれます。招待客に喜ばれる引き出物として人気なのが、食器やカトラリー類などのキッチン用品やバス用品などの消耗品やカタログギフトがあげられます。招待客は年齢層や趣味趣向もバラバラなので、新郎新婦のネーム入りや凝ったデザインのものではなく、シンプルなデザインのものが喜ばれるでしょう。上質なタオルセットやハンドケアグッズなど、消耗品として活用できるものも、引き出物では喜ばれる品の代表格です。招待客の幅が広く、何が喜ばれるかわからない場合にはカタログギフトの引き出物が便利です。カタログギフトは種類も価格も色々あるので、友人や上司、親族など、相手によって贈り分けすることもできます。カタログの中から好みのものを選んでもらう形になるので、相手の好みに合うものをと配慮する手間も省けますし、贈られる側も自分の欲しいものが選べるため人気です。自分たちが納得でき、受け取る側に喜ばれることのバランスを考え、品物を選ぶといいでしょう。

価値と気持ちで選ぼう

人形

結婚するカップルにとって悩ましいのが引き出物の準備です。新郎新婦の好みで決めてはいけないのが引き出物の暗黙のルールです。なぜなら結婚式とは本来結婚する2人を祝うものであるのと同時に参加してくれた人へのこれまでの感謝の気持ちを表す儀式だからです。かつては引き出物と言えばお菓子や食器が一般的でしたが、現代はインターネット社会が進みなんでも素敵なものが簡単に手に入る世の中です。その為、当たり前のものでは満足しないゲストが増えている現状があります。ゲストが何を求めているのかと自分たちの予算を慎重に比較して選ばなければなりません。平均的に喜ばれるのは食器類ですが、中には重くて持ち運びがキツイ年配の方がいるかもしれません、ハンカチやタオルセットはそういう意味ではまんべんなくよろこばれるアイテムですがデザインは男性女性にかたよらないものを選ばなければなりません。たまに新郎新婦の思い出を形にする人がいますが正直あまりおすすめはしません。2人の思い出は2人だけでとっておき、あくまでゲストを喜ばせることにフォーカスしたほうがあとの付き合いにも良い影響となる為、引き出物は大事です。あまりにも悩む場合は専門のプロに相談するのも良いでしょう。ゲストの特徴を伝えた上で予算で計算してもらいアイテムを絞りこんでいきましょう。社会人が多く参加する場合が文房具なんかも比較的人気があります。クラシックなデザインであればウケも良いです。

多様化している

贈り物

今、結婚式の引き出物が多様化しています。一般的なものである事と、縁起かつぎなどをすることが多い品物であるため、グラスなどの生活用品が一般的なものでした、しかし最近ではお菓子なども多くなっています。せっかくの引き出物をもらっても邪魔になるケースもあります。しかし食べ物であれば、消費されますので、誰にでも利便性があるため人気になっています。手作りなど凝ったものも多いのですが、高級菓子などを利用して引き出物にするケースも少なくありません。今までは、袋に丁寧に包み、家に帰って開封しなければ何が入っているかわからないケースも多かったのですが、最近の傾向として見える引き出物が人気になっています。結婚式場での話題にもなるため、目に見える引き出物が人気になっているのです。引き出物を上手に活用することで、結婚式の場を盛り上げることもできます。ビンゴなどのくじを利用したり、イベント性のあるものを利用することもあります。新郎新婦のアイデアがホテル側でも取り入れられるようになっている事も引き出物が多様化している要因になります。引き出物の収益もホテルにはあります。しかしこれらを自作や持ち込みすることも多くなっていることでホテル側の収益性も変化しつつあるのです。引き出物は、結婚式場や専門業者に相談して選ぶこともできますが、インターネットを利用すれば個人でも用意できるので、様々な引き出物をよく比較して決めましょう。