喜ばれる引き出物を選ぶポイントを徹底解説!

ゲストへの贈り物

立場で変える予算

風呂敷

ウェディングシーンの引き出物は、贈る相手の立場を考慮して金額を決めるという方が大半です。相場の金額の範囲内で調整をするのが、多くの方の傾向です。友人と親族とでは、引き出物の相場とされる金額が数千円ほど違います。年上の相手に贈る場合には、少し高めに金額を設定して引き出物を贈るのが習わしです。金額の調整がしにくい食器類は、引き出物に選ぶとやや金額が上がります。ギフトセットなどは、大体において金額が決まっているため、見栄えのするセットを選ぶと若干相場を上回ることが出てきます。友人の場合は、4千円前後が引き出物の相場とされていますが、食器のギフトの場合は5千円程度かかる場合があります。一方、女友達に贈るバス用品などの引き出物は、3千円前後でも十分に体裁が整いますので、金額も控えめです。近ごろの引き出物では、カタログギフトも多く利用されます。カタログギフトは、ゲストが商品を選ぶスタイルとなり、贈る側は引き出物の金額で頭を悩ます必要がなくなります。カタログギフトの場合も相手に合わせて金額を指定しますが、具体的な品物の金額は先方には分からないような仕組みです。自分で好きな品物が選べるため、平均的な予算でもゲストが満足感を得られるギフトと言えます。引き出物の品物が多様化していることから、昨今は、相場も1つの参考として捉えられています。その都度、相手や状況に合わせて金額を調整するのが現在のトレンドです。

プチギフトとの兼ね合い

ウェディング

結婚式に足を運んでくれた参列者に手渡すプレゼントと言えば、引き出物とプチギフトが挙げられます。引き出物は結婚式のお土産と言う性質があり、参列者の家族に行き渡ることも考えて品物をセレクトします。一方でプチギフトは結婚式の場で参列者に手渡す小さめのプレゼントです。プチギフトを用意することで、参列者一人一人と会話する時間が設けられるのが魅力的です。引き出物とプチギフトを両方用意する際は、中身が被らないように考えましょう。プチギフトはクッキーや飴などすぐに口にできるお菓子をセレクトするのが一般的です。引き出物にはお菓子を入れないようにしましょう。逆に引き出物にお菓子を使いたい時は、プチギフトにちょっとした雑貨を選択することもできます。プチギフトは片手で持ち運べるサイズの箱に入れるのが一般的ですから、ティースプーンやタオルをセレクトします。また引き出物は家族にも見てもらうフォーマルな性質が強い贈り物ですから、あまり遊び心は出せません。しかしプチギフトであれば面白いものを取り入れても楽しんでもらえますので、驚くようなものを用意するのも良いでしょう。例えば飴のパッケージに夫婦の顔写真をプリントすれば、結婚式の思い出が強く残るプチギフトになります。また限定商品を用意すれば、オマケのプチギフトでありながらお得な感覚が強いものになるでしょう。引き出物もプチギフトも持ち運ぶ上で手間にならない形状のものを渡すようにしましょう。

年代にあわせたチョイスを

お花

結婚式の引き出物を決めるのはなかなか難しく、頭を悩ますことが多いものです。とくに幅広い年代の参列者がいる場合など、どのようなものを選べばよいか喜んでもらえるか、難しい場合も多いのです。近年の結婚式の引き出物で多いものといえば、カタログギフトがあります。前述ように、年代に合わせて贈り物を選ぶのが難しい場合、参列者の好みに合わせて選んでもらうことが出来るカタログギフトは喜ばれるケースが多いです。一方では結婚式の引き出物としてカタログギフトが大変一般的となってきた分、「またカタログギフトか」という印象を持たれるケースや、もらっても選ぶものがないという風に言われるパターンもあります。カタログギフト以外の引き出物として昔から多いのは食器類などです。こちらも好みがあるので好き嫌いが分かれますが、主婦などからは好評のケースもあります。ただし一般的な食器であれば、十分に家庭に揃っているというパターンもあります。人気ブランドの食器など、自分では買わないようなものを選ぶと良いでしょう。その他の引き出物として、若い世代に対しては化粧品やバスグッズなどをチョイスする場合もあります。また、消耗品のほうが喜ばれる場合もあります。例えばタオルなど、意外と重宝されるケースも多いです。こちらも有名ブランドのタオルなど、自分では普段買わないようなものを選ぶなどすると、喜ばれることもあるでしょう。年代にあわせて、引き出物を変えてみるのも一つの方法です。