喜ばれる引き出物を選ぶポイントを徹底解説!

喜ばれる商品を選ぶ

1万円から2万円が相場

式場

結婚式では、最後に両親に感謝の意を述べ、花束を渡すのが慣習となっていますが、近年は花束だけでなく、記念品を渡す新郎新婦が増加しています。では、一般的にはどのようなものが記念品として渡されているのかというと、幼いころから結婚に至るまでの思い出の写真を詰めたアルバム、サプライズムービー、生まれた時と同じ重さの米俵や、ぬいぐるみなど、思い出を感じられる品物です。また、子育てが終了した卒業の意味も込めて、旅行券や食事券など両親が二人で楽しめるイベントをプレゼントする新郎新婦も多いようです。結婚式で両親に贈る記念品の金額の相場は、1万円から2万円が相場となっており、金額よりもどれだけ心を込めて選んだり、作ったりしたかが重要になります。そして、両親がどのようなタイプの記念品を喜ぶのか、あらかじめリサーチしておくことも大切です。形に残るものが良いのか、消耗品として使いきってしまえるものの方が良いのか、何気なく聞いておくと良いでしょう。結婚式のギフトと同じように、両親への記念品にも、贈ってはいけないNGアイテムもあります。縁が切れるという意味のハサミや包丁、別れを彷彿させるハンカチ、弔事に使用される事が多い日本茶、苦労や死を連想させるクシなどです。結婚式は、大切に育ててくれた両親に対し、オフィシャルに感謝の気持ちを表せる貴重な場です。心を込めた記念品を渡し、両親に感動的なサプライズを演出してみてはいかがでしょう。

節目のイベント

人形

結婚式の披露宴のエンディングでの定番の一つとして両親への記念品の贈呈が挙げられます。結婚する二人がそれぞれの両親にこれまでの感謝の気持ちを込めて行うものです。記念品選びについても結婚する二人が決めることとなりますが、押さえておきたいポイントがあります。それは両親に対してこれまで育ててくれたことに対する感謝の気持ちを記念品で贈るということです。つまり、高価な記念品を渡せばいいということではないことです。逆に両親からすると、これから二人で新しい生活をスタートさせていくのに高価な記念品を渡されると逆に気を遣ってしまうことがあります。結婚式で渡すプレゼントとしては、形に残るものや出生に関するものなどを選ぶと喜ばれます。例えば出生時のそれぞれの体重と同じ重さのテディベアやお米などです。テディベアであれば出生に関するものでもありますし、形としても残ります。結婚式という感動的な場面にふさわしいプレゼントと言えます。ただ、新郎新婦、それぞれの両親に異なるプレゼントを渡すというのもアンバランスになりますので、新郎は新郎の両親に、新婦は新婦の両親に対して事前に会話の中でどういったものをプレゼントしてほしいかということをリサーチしてみて結婚式の打ち合わせのときなどに二人で話し合ってみることも大事なことであると言えます。いずれにしてもそれぞれの両親にとっても結婚式は大事な記念日ですので、その気持ちを理解しておくことも大事なことであると言えます。

記念となるものもおすすめ

式場

結婚式では、両親への感謝の手紙とともに記念品を贈るのが通例となっています。多くの場合、花束が選ばれていますが、それ以外に記念品を贈ることもあります。両親に贈る記念品の選び方は、両親が喜んでくれるか、結婚式に際しての記念になるかという点がポイントとなります。決まりがあるわけではないですが、結婚式という場にふさわしいものかという点も考えましょう。お酒以外の消耗品や、目上の人に贈るのはタブーとされているものは避けた方が無難です。たとえば、スリッパといった踏むものや、万年筆やペンなどの「勤勉たれ」という目上のメッセージが含まれるものはあまりふさわしくないとされています。喜んでくれるかという観点で選ぶとき、よく選ばれているのが、父親あてにはお酒、酒器やマグカップなどが人気であり、母親あてにはストールなどのファッション小物や美容グッズ、プリザーブドフラワーなどが人気です。また、両親あてに旅行券や食事券、エステ券など時間や体験を贈るという形のプレゼントもあります。結婚式に際しての記念品になるかという観点では、今まで育ててくれたお礼を返すという意味の品物が人気です。生まれたときの体重にしたウエイトドールや体重米、フォトフレームやフォトアルバムなどが人気です。金額相場はかなり幅広く、5000円以下の人もあれば、20000円以上かける人も多いです。旅行券だとかなり高額になります。気持ちが大事なので、金額で選ぶ必要はありません。